業界独り言 VOL371 気がつけば北京に

五 年ぶりに中国にいっていました。といっても一週間こっきりです。前の訪問は、オリンピックの前で、電源事情も不安定な今から考えれば一時代前ということな のかも知れません。実際問題当時のレストランで、ランプが暗くなったりするのは日常茶飯事でした。むろんまともなホテルではそんなことはありませんでし た。古いインフラから新しいインフラに切り替わる途上だったからでもあるでしょう。

オリンピック以前の怪しげな北京からは、少しまともな北京の顔になったということかも知れません。人々がごく普通に道に痰を吐いたりしてもいたし、 山ほどの自転車軍団やら、自転車ベースのタクシーもどきのものまでもありました。空港からタクシーにのっても運が悪ければ、北京市内までたどり着かないボ ロボロな内情の車両だったりと所謂パチモンの町でもあったかと思います。

いまや、町は東京以上にカッコイイビルがあふれていて、町ゆく人たちも東京の街中のファッションを追っかけたりしているように映ります。むろん少し 路地を入ると古い昔ながらの食堂があったりもするようですし、屋台で売っているそれは怪しいままです。どんな食道に入ってもメニューに写真が載ったりする ようになったのは国家の大号令なのでしょうし、レシートが必ず発行できるようになったのも国際化の流れでしょうか。以前は、払った額と同額の子供銀行の紙 幣のようなものを渡されて、これが支払ったことの証明だとか言われていましたので大きな変化でしょう。

最終の金曜は、研修も午前でおわり溜まっている仕事のメールや案件処理を進めて、早めに切り上げてマッサージで肩をほぐしてもらおうと思ったのです が、時間がかかり、三時過ぎにようやくランチをホテル内で済ませるあり様でした。また部屋に戻り片付けをすすめてようやく夕方となり、仲間からの電話が 入ってきました。「夕飯はどうなさいますか」とのことで、「ホテルの中か、外かそちらに合わせるよ」と伝えるととどうもランチも外に繰り出していたような 音が聞こえてくる。市内の喧噪と共にラッシュアワーなので、あと20分ほどでロビーであいましょうということになった。

片付けを進めつつ、時間となった。気がつけば催促の電話がかかってきた、もう下に戻ってきているようだ。韓国の購買担当の女性と、日本からの3人の 仲間たちとでどこかに食事と散歩に繰り出すようだった。泊っているホテルは北京の動物園のそばだったが北上して、故宮の北に位置する前海という地区だっ た。実際問題としては、帰国するまでは、はっきりとどこだったのかは不明だった。外国人観光客窓口があったので地図をもらい、湖畔にある、お勧めのレスト ランを教えてもらい、そこに向かう。前海という、湖はボート遊びをするような不忍池みたいな雰囲気だった。

店内には、バドガールならぬ、オリンピックデザインの北京オリンピックガールがいたり、一生懸命数字だけは英語を話す朴訥とした田舎出のウェイトレ スだったりと店内はカオス状態である。雨上がりの屋外の席には、天幕の端からたれるしずくはご愛敬だが気持ちのよいものだった。適当にメニューから中華料 理を選択しビールと超甘いお茶で乾杯を交わした。淵の欠けた土鍋にボールとしてスープがやってきていた。ホタテのスープを頼んだのだが、浮いている実は、 どうみても大根だった。手元のお椀とレンゲは来ていたのだが、お玉はついてこず、レンゲを使ってピストン配送をしていると遅れてお玉がやってきた。野菜炒 めやら、肉まんや、スパイシーなチキンなどでテーブルは賑やかになった。

春巻きがやってきたのだが、気がつくとテーブルには、醤油もラー油も酢もないのである。韓国レディが「Sauce」とアクション付きで声をかけて、 朴訥ガールがなにやら中に向かっていったが、何もも持たずに帰ってきた。オーダーが通ったのかどうかは不明だ。諦めてひとつはそのまま春巻きを頬張った。 しばらくして醤油が充たされた湯呑がオーダーとして到着したのである。まだまだテーブルに小瓶に入ったソースやらを置くと無くなってしまうからなのだろ う。当然、醤油の小皿などもくるばすもなく、各自一つの取り皿に春巻きを置き、箸を使って醤油をつけて食べることにした。

池の周辺は、ボート遊びをしたり、ライブ演奏をする屋形船などが繰り出したりして市民のガス抜きをしているかのようです。横浜黄金町の昔の怪しさに 比べれば健康的な風情かもしれないが、軒をならべる店は、バーなのかカフェなのかあるいはレストランなのか共通するのはどこもバンドや歌姫あるいはイケメ ンたちがこぞって歌いこんでいるのてある。DVDが流れるのではなくライブで運用されているのだ。

市民の人たちの憩いの場というのが正しいのかもしれない。流れている音楽は、欧米のそれというよりは日本で見聞きするようなメロディーの中国語版で ある。フォークのような人もいるし、いまどきの若者のように歌いこんでいたり、いろいろだ。お化粧も含めて、日本の憧れなどがそこにはあるようだ。外国人 相手にカスタマイズされた点が何かと言えば、スターバックスを配置したり、前海公園周辺の街角のVISAの提灯は、少なくとも欧米の常識で立ち入ってくる 観光客を受け入れるための必然だったのでしょう。

怪しげな客引きの女性が付きまとってきたのは、日本人と見抜いた上で狙いを定めての行動のようだった。仲間から少し離れて歩いていたことも影響して いたのだろう。一人でこのあたりを歩いているのは誤解を生むのか、そういう人がメジャーなのかということの裏返しかもしれない。昨年から開発してきたワー ルド対応の電話機が、鳴り、客引きも諦めたようだった。気がつけば、仲間たちとは50メートルくらい離れていた。ライブレストラン地区をはずれると、祭り の様相を呈してきて綿菓子やら土産物やら細工物のデモンストレーションなどアジアを感じさせてくれた夜だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です