業界独り言 VOL381 忘れていたわけではない

業界独り言は、どこかにいってしまったのか・・・忘れていたわけではない。世の中がおかしな兆候を明らかにしてきたために気持ちが固まらなかったこともあるだろう。新しいSNSの世界との調和を果たしていく時代になったのかも知れないしFacebookなどを介してのオープンな形態が望ましいのかもしれないからだ。しかし、他方ではこの世の中の仕組みから、ドミナントのものとの付き合いには一線を引くべきだとのこともある。なにせ、どうみてもおかしな状況が日本においても明らかになり早半年が経過しているからだ。考えて見れば、この前の投稿など「なんて幸福な脳天気な暮らしだったのか」と思い返す始末だ。この世の中は戦争状態だと考えてもおかしくないし、8.15のときよりもひどい状態が戦後ずっと続いてきたという事実もようやく認識したりする。平和ボケした現在の日本という仕組みの中では、尖がったことを書いても仕方がないことかも知れないし下手をすれば、渋谷駅の朝の雑踏の中で罵声を浴びせられて冤罪の状況に陥れられることすら不思議ではない。国策逮捕がまかり通るいんちきな国家なのである。

さて私に何が出来るだろうかというと、仕事では少なくとも日本という国に貢献しているとはいいがたい。ある意味では、日本の通信端末機メーカーの力を悪化させてしまった張本人の片棒を担いできたということかも知れない。無論、多くの仕事をうみ、今のスマートフォン時代を迎えるに足るベースを醸成してきたという自負もあるかも知れない。少なくともある意味で日本でのガラパゴス端末文化という流れの中では、既に大げさに言えば、当時の国内業界自身の開発力の低下があったのだろうと感じてもいたし、そんな中で手助けになればと思い飛び込んだ世界でもあるからだ。世の中は最後の様相を示しているという人もいる。東北大震災や福島原発のことなど日本という社会のベースを立ち直らせるための課題は難しくなる一方だし、その上で日本にハエのようにたかるハイエナのような国にさらにむしりとられる。それを甘んじて受け入れてさらに、そうしたストーリーを利用して架空マネーの世界で獏のように生きている人たちがいる。国を成り立たせるためのことを考えずに裏打ちのない紙幣ゲームに陥っている。

私自身も架空マネーの結果として借金というゲームを償却したりしてきたので、何もいえないかもしれない。その分、少しでも何か若い人に貢献したいと特別授業をしたいという高専の先生に寄付をしたりもしてきた。しかし、いまこの状況では若い学生が生きていくベースは何になるのか。国自身が成り立っているのは過去の遺産を食い潰しているのが実情ではないのか。毎日のように電車に飛び込む人が後を立たないのは、どうみても国としておかしい。夢が描けないということだろう。国の政治家で出来ることも出来ないこともあるだろうが、悪魔と取引している政治家たちがこの国の未来を売ってしまってきた歴史を私たちは知らないということだろう。知らないほうが幸せだという人もいる。細君などもその一人だ。911や311のようなテロを口に出していえないような状況では、まずエネルギーで自立することが最優先なのだろう。しかし、もし資源やエネルギーが潤沢に得られるようになった場合には今の生活や仕事を打ち払って新しい社会に進んでいくことに抵抗のある人が多いのだろうし、そうした人であるように教育してきたのだろう。

食料・医療・技術・歴史を正しく知らないままに暮らしている現在は、明らかに終末を予感させるものだ。私に出来ることは何か、ひとつでも正しいことを身近な人に見せることだろう。そうした結果として未来に希望を持とうということだろう。そうした目標に向けて暮らしつつも若いエンジニアの卵を育成したいということに変わりはない。私の説明の仕様のない悪夢のような現実認識を誰かが、夢だよといってくれることがあればそれはそれで幸せになれるかも知れない。でも、今はそのような話をかけてくる人を仲間と捉えるべきかどうか気をつけて暮らさない私自身が突然いなくなってしまうということすら不自然はない時代だ。まぁ物騒なことを考えてもきりが無いので、前向きなことを粛々と進めることにして週末は組み込みの里に篭るようにしている。

さて、組み込みの里は都市計画地域ではないので、インフラが整っていない。下水は、浄化槽で解決したのだがインターネットの件は、別荘に電話をひくべきか否かという話も含めて電話よりも光、catv、そして電話でのadslというのが一般的な選択肢なのだが、どれも無いのである。無論唯一電話を引けばadslは可能だろう。いままでは、3Gルータを持ち歩いて使っていたのだが従量課金ではないとはいえ回線リソースの使い方としては間違っているような気もする。wimaxがルーラル対応のシステムであるという点についてはアグリーしてきたので、こちらについても導入してみたのだが。あいにくと圏外ギリギリで、最初のサインアップ手続きにも事欠くありさまでした。
家中持ち歩いてアンテナが立つ点を探した結果・・・なんとか天候の条件や昼夜の差などからサインアップは出来たのですが、不安定だという状況に変わりはありませんでした。

知人が購入したWLAN向け八木アンテナを借りて接続しようかとコネクタを入手探索したり、輻射器のみ外してルーターユニットをつけてみたりとかしてきましたがスループットは上りが64kb内外、くだりはせいぜいうまくても3Mbps程度でした。アンテナは一本のままです。上海で売られているというパラボラアンテナがネットで見つかりましたが、国内で使うには怪しすぎるのですが、反射器として使うことは出来そうだったので、ジャンクとしてオークションに出ているものを国内のひとから買いました。ジャンクにする理由自体は、ケーブルロスなどの問題もあるのでしょうこちらの目的は反射器なのでジャンクで形状さえあればかないますので、入手してトライしました。ビームが鋭すぎるのが難点で中々良好なポイントを探せませんでしたが、最終的にアンテナバーが二本になり、上り1Mbps下り6Mbpsという環境が手に入りました。あとはどうやって恒久措置として設置するかになります。クレードルや防水箱などが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です