空気人形

是枝監督の作品である。今年のカンヌの「ある視点」部門への参加作品でもあるようだ。
主演のペドゥナさんの演技が素晴らしいと感じた。

以前にみた、リンダリンダリンダでの印象からはうかがい知れない演技力が見て取れた。
是枝監督がゴーダ哲学堂に掲載された短編を見染めて9年間の構想を温めての作品となったそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です