CIP100 基板加工機 更新

前回報告した故障と改修の連絡をして本日、木更津高専の学生さんに利用評価していただきましたが、課題と注意事項が残りましたのでお知らせします。

課題としてはキデッジさんのPCBパターン加工に特化した半円錐型のエンドミルが基板プレッシャーと当たる現象が確認されました。今日時点では、オリジナルマインド社製の土佐昌典VCまたはFTあとは普通のフルート型の1mm程度のものは問題がありません。プレッシャー部品の位置調整などが行われるまでは、これらのエンドミルで対応願います。

土佐昌典VCは、その名の通り先端がV加工してあり切り込み深さに応じて細いバターンが作成できるものです。この箇所の摩耗を無駄にさせないためにもこのエンドミルはパターン加工に専念していただくようお願いいたします。

穴加工と外形加工には土佐昌典FTがストレートタイプなので適します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください