洗濯干しのパーツ複製(2)

ピンチがぶら下がっている部品は色々だけど、壊れるものだ。

バネがあって伸縮しないと構造上は難しいので、今回はナイロンで作ることにします。

スキャナで取り込んだ

全体をスキャナで取り込んでからPNGにしてからInkscapeに取り込みアウトラインをベジエ曲線でプロットしていきSVGで図形をexportする。

Fusion360でsketch作成にしてSVGを取り込む

Sketchにて、直線と円弧の組み合わせで閉じるように作図していく。
この時は上半分のみでよい。面を構成する点を二次元で作図しておく。
ざっくりでよい。

実際の部品の厚み方向についてノギスで測定して各部分をその厚みの半分だけ押し出しする。

色々外形を調整してから、ミラー処理を施して

キーとなるサイズをスケーリングで調整する

STLに出力する

slicer (QIDIPrint)に読み込ませる

印刷向きを倒して、複製してスライスする

造形を簡略化して最終形になった。

 

 

洗濯干しのパーツ複製(2)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。木更津市在住のものです。先程、Facebookにてリクエストさせていただきました。よろしくお願い致します。

  2. 野呂さん、こんにちは
    組み込みの里の西山です。
    電子工作・マイコンソフト・3Dプリント・無線機測定などいろいろ出来る
    環境になっています。現状は時々掃除に行く程度のアクティビティとなっていますがコロナ禍の制限も解けてきているので夏休みに向け再開をしていこうと考えています。野呂さんはどんなことで利用したいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください