VOL44 ラッシュの中で・・・ 発行2000/09/28

最近の恋人同士の連絡は、電話ではなくて携帯メールに変わったらしい。携帯メール日常化は凄まじく、こうして東急東横線のボックスに座っていると三人は携帯メールをアクセスしている。一人は昔ながらのラップトップノートを膝小僧で叩いている。時代の取り残されている感が否めない。モバイルパソコンという時代に向かってひた走ったメーカーがあった。ある意味でニッチ市場を狙い玄人筋を押さえつつ評判を上げて販売増に向かいたいという姿が既に時代錯誤なのかも知れない。そうした姿で振り回される人たちが大勢を占めてはいないのである。業務で使い込んでいくという観点からすれば、そういう会社の製品がよいのかも・・・しれない。

12Gのハードディスクを搭載して128MBのメモリーを搭載して山ほどのソースを検証するようなことをモバイル状態でするはずもないので手のひらでのオシャブリにも似た携帯電話は良いおもちゃなのであろう。軽薄短小を目指してきた流れから、やはりスタイルと使いやすさに価値観自体が移ってきている。軽いだけの機能が何もない電話機のユーザーもいない事はない。しかし、限られた人種である。かつてHPの電卓が限られた人種が使っていたのとカシオやシャープのそれとを比べるまでもないが、数が出るかどうかがメーカーにとっての生産貢献というファクタで大きくものをいうはずである。

モバイルな中で書き物をしていくには、電池のみで長時間つかえて専用ワープロがもっともフィットする。いくつかのPIM的な道具も含めてタイピングしやすかったF通のポケットPCは便利な道具であった。これが変遷してモバイルギアに移行したのだが、これも正解だった。軽量なDOSで十二分な機能が提供されていた。だんだんパソコンと同様に大げさになってきたのは、例によってWINDOWS的な色づけが濃くなってきたことによる。DOSポケットの究極はHPの100LXや200LXだと思うがタッチタイピングなどでこうしたものの幻想を抱いて導入したHPのCEマシンには幻滅を感じている。それでも乗せられて買ってしまった自分を恥じている。最近は持ち歩かなくなってしまった。何度となくシステムクラッシュを続けるとWINDOWSCEのみならず、系列のNTや2000なども使っていくのがいやになってしまう。

現在は、THINKPAD240にSIIのPHSカードを利用してのモバイルアクセスをしている・・・と書くと簡単そうだが、実際にWINDOWS2000を入れて利用してくる中で会社のインフラアクセスにはいつも国際電話でリモートアクセスという凄まじい事態であった。ようやくインフラ部門て開発された専用のVPNクライアントの登場でようやく自分の会社に電車からアクセスできるようになった。秘密のファイルの交換をしている訳ではないが、実際問題として出先で電話線の接続をせずに自分の会社にアクセスできるのは必要なことである。メーカーによっては自らプロバイダ運営をされている会社もあるだろうし、事業部レベルで運営している部門もあるだろう。ITという声の割にそうした実務を支えているのは現場の方の熱意だけなのかもしれない。LINUXでのVPNも提供されている現在、LINUXへのシフトがもっとも良い取り組みかも知れない。

超漢字2として、BTRONは継続的にリリースされている。我が家でも嫁さんが使っている。漢字をまともに扱おうとすると、当然の帰結かもしれない。自国の言語をOSによって制限されることに対してナショナリズムを感じないように現在の日本の教育は目指しているのかもしれない。漢字検定試験を目前にして毎日勉強を続けているので、私にも突然問題が振られてくる。こうした話題で扱うべき漢字は、第二水準などで入るはずもない。見るだけで動き出しそうな字などに御目にかかることもしばしばである。さて、携帯にJavaやPDA相当のOSを搭載したりというのが世の中の流れになってきているが、チップセットやソフト提供という現状の事業も、慎重かつ大胆にベンチャーらしく取り組んでいくことは必要だと認識している。

ゲームデザイナーの人たちにとっては携帯アプリケーションを大規模な環境で支えていくプラットホームが不足しているようだし、その認識も今までの私たちの認識と位相があっているものだった。MTRONの世界がそこには必要なのだと思う。BTRONも見直されていい時代のはずなのだがお膝元だった会社はすでに切り捨ててしまったようだ。ソフト開発の基本方程式を論ずる以前に戦争を放棄して占領軍の受け入れ態勢に入っているのは、もうOSの戦争はいやだと考えているのだろうか。欧州との協同歩調が効を奏すると良いのだが・・・肝心のEPOCベースのPDAはマイナーな限りだ。既に業界標準がいくつか出来つつある中で将来あるべき姿に照らして思いを馳せていきたいものだ。

ともあれ、今日は荷造りを開始しなければならない。明日は引越し前日である。次の三連休はなくなり、今度はサンディエゴ通信を書かなければならないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です