業界独り言 VOL145 光ファイバーがやってきた

週末の出張帰国で月曜である本日は代休となっている。本日は光ファイバー工事があるので自宅待機である。朝の9時にNTT東日本の担当者がやってきた。室内の電話線の引き込み口をまずは確認して内部が配管を通していることを確認していた。通りの電柱には中継箱があるようです。外部の引き込み口からワイヤーでガイドして入れる算段であるらしい。ONUの設置場所を確認してから引き込み作業を開始した。家の外に梯子をかけて、ワイヤーガイド付きの光ファイバーを送り込んでいった。

思ったよりも簡単に室内の電話の引き込み口から青い光ファイバーの線が出てきた。電話線コンセントの口を少し切り欠いて引き込み完了である。ガイドのワイヤー部を折り曲げて引き抜き防止のためストラップで止めていた。2メートル弱引き出したファイバーの先端を裂いていき中から細いファイバーが登場してきた。端面を綺麗にカットするための道具を用意してゴソゴソと圧接作業を始めていた。藤倉の銘が入っている道具達である。今は、溶接しなくて良くなったので楽になったそうだ。

どこかのメーカーが作ったと思しきONUの箱から出てきたのはDSUとほぼ同一容量のサイズに見えるものだった。無論無骨なDSUよりは薄くなっている。その会社の期待の星となる製品は昨年の10月製造という表示が入っている。我が家のDSUは初代の物らしく取りつけにきたNTTの工事担当も「そういえば古い型ですよね。」「設置したときには、コンビニ始めるんですかといわれましたけれどね。今となっては番号振り分けもしているので、ADSLに戻りたくはないので光を待っていたんですよ。」「ADSLはISDNと相性がありますからね」

続きを読む

業界独り言 VOL144 閉塞感からの脱却

昨年のテロ以来、QUAD社の日本オフィスではお客様の訪問への支援やら社内イベントなどへの集合要請などが延期或いは中断してきた。そうした流れも年が明けて、冬季オリンピックなどの掛け声が高まってきたせいか徐々に戻り始めている。開発の母体が米国である以上、行き来が必要になるのは致し方ないことである。主要なお客様である、日韓のメーカーに米国から訪問して、現地のサポート担当がフォローしつつまた最新情報を更新しに米国で研修を受けるというのがそのサイクルである。

最後の審判を待っている電気メーカーの方がサンディエゴを訪問して決断の為の資料を用意したいと弊社を照会してきた。聞けば、この開発をしないという判断は、無線業界からの撤退を意味するらしい。無線オタクを少年時代に過ごしてきた私にとってもそうした変遷は衝撃的な事実でもある。昔は、無線イコール短波であり同等の意味合いにおいてアマチュア無線も存在していた。実際、現在の携帯電話を開発されている方々の多くあるいは経営幹部の方々のレベルではコールサインを保有したりかつては記事の投稿をしていた方も多いだろう。

このメールの先あるいは、電話の先で何が起きているのだろうか。リモートでコンサルティングをしている生活を続けてきた。お客様の所で起きている背景や状況が電話やメールの端々に現れているのが感じられるようになる。うまくいった場合には応答がなくなる。うまく回らない場合には問い合わせやお小言電話の拝聴というサイクルが続く。日本のお客様の感性からは、とうてい理解してもらえない文化的なギャップが米国メーカーであるQUAD社とのやり取りではよく起こる。必死になって開発から生産に乗せようとしている様と時差の先で発生した不具合があるとインタフェース点でショートが起こるのは致し方ないのだろうか?

続きを読む

業界独り言 VOL143 光ブロードバンド化計画までの経過

混迷の携帯開発業界を尻目に、我が家の光ブロードバンド化計画は進行している。既存技術の集大成ともいえる  100Mbpsのイーサネット技術によるPPPoEのブロードバンドルータが2万円を切る価格で設置される予定である。現在のQUAD社での支援作業環境として光が生み出す環境がマッチするのかどうかは大きな関心がある。下りの速度よりも出先から自宅のリソースに高速にアクセス出来るのかどうかがADSLと異なる期待ポイントである。

今は、まだフレッツISDNで常時接続までは果たしているのだが出先から自宅サーバーのコンテンツをアクセスしようとは考えずにレンタルサーバーを借用してコンテンツのアップデートのみを実施している。実際のサーバーが何処にあるのかは知らないのも面白いことかもしれない。重要なことはTechno-Web.netというドメインで私の作成したコンテンツにアクセスできるようにすることである。長いドメインかも知れないが独自のドメインを一度設置してみたいと考えていたのでTechno-waveからの流れで言えば素直な展開でもある。

セキュアな環境が確保できて速度が達成できればコンテンツを更に双方向性の高い物にしていくことが出来るし自分自身の時間を生み出す最終兵器になるかも知れない。米国オフィスとの間のアクセスは既にフレッツISDNの中でVPN接続が確認されている。光にシフトしたときに聞くのは太平洋の間のインターネットのパイプと自分の会社からインターネットへのパイプの太さとゲートウェイの性能である。セキュアで高速なリンクが沢山張られる時代になるとデビルサーバーなどが活躍する時代ともいえる。

続きを読む