業界独り言 VOL169 関西は負けへんでぇ

3GPPの準備が俄かにスピードを上げてきた。最新技術を搭載したという基地局システムのソフトウェアが、その最新技術のバグ取りが進んだというのが、どうも理由らしい。リソース管理に問題が出ていた基地局システムが、急に完成度向上するのは信じられない点もあるのだが。完成度の高い基地局ベンダーとそうでない基地局ベンダーのソフトあるいはハードの完成度の差は、通信キャリアにとっては選定対象にもならないらしい。

やはり世の中は政治力なのか。とはいえ完成度が低いと思われていた海外ベンダーの完成度が急に高まったのは、腐っても鯛というべきなのか。トップを維持していくための努力は怠っていなかったということなのかも知れない。交換機時代のゆるぎない成果が、選定理由の実績といった政治力のバックグラウンドでもあったのだろう。第三世代への挑戦が彼ら自身も無線システム方式実現の上の技術力追求の手を緩めなかったのだとすれば開発プロセスとしての健全さがそこにはあるようだ。

基地局開発のシステム構成論としてもsmalltalk的な考え方を持ち込んだのであろうか。まさかガベージコレクションをしているとも思えないのだがメモリーリークするよりはという選択肢なのかもしれない。以前ある通信メーカーのWCDMA基地局開発に従事していた仲間がQuad社の支援チームに転職したりもしていたのだが、この例はクラシックな方法論でトランザクションベースのデバッグで、やはりリソース開放には苦労していたようでもあった。こうした現場での問題点がうまく次の開発に向けた技術検討に回されているのだとすればプロセス改善の良い事例といえるのかも知れない。とかく、現場からは非難されることが多いプロセス改善ではあるが、革新を掘り起こすのもプロセス改善なのかも知れない。

続きを読む

業界独り言 VOL168 中国に養ってもらう

例年恒例のワイヤレス展示会が、今年も三日間行われた。これが行われるのが梅雨明けだという認識があったりもする。残念ながら、今年は米国での支援出張となり日本には居なかったので四度目の展示会は、説明員作業も含めてパスと相成った。Quad社にジョイントする段階で初めて知りえた業界向けの展示会であったのだが、組み込みを中心に活動してきた今までの業界とは少しずれた印象があった。突出した携帯業界のアンバランスな状況で動いていた事と技術的な流れとのギャップを感じていたからかも知れない。

Quad社での展示会への位置づけは、卓越したアプリケーション文化と数多くの端末メーカーとが織り成す先行技術商品を志向する業界へのソリューション展示であり、大きな市場を抱える中国へのゲートウェイである。中国の通信機メーカーや通信キャリアが実際のアプリケーション文化と各メーカーあるいはソリューションメーカーを求めて来訪するからだ。今年はチップよりもアプリケーション環境にシフトした展示になっていたようだが、もうチップでの展示には余り意味を持たないのも事実だろう。

アプリケーション担当の技術者が、今回の展示会ではQuad社でのヒーローだったようだ。彼は、やはり私と同様に三年前からQuad社にコンサルタントとして登用されたのだった。まだ学生在学中だった彼は、ケイ佐藤と同じ国立大学でマンガを一万冊読破しているというオタク道まっしぐらな青年であった。そんな経歴を買われてか、まだ携帯でアプリがどうこうという時代には程遠く、ようやくi-MODEでネット接続が出来る携帯が出来始めた時代だった。「なにか面白い提案」というものを求めたケイには新鮮に映ったようだった。

続きを読む

業界独り言 VOL167 仕様書通りでは繋がらない

3GPPと呼ばれる一連の規格に基づく壮大なシステムが離陸しようとしている。実際に離陸するのか失速するのかという意見もあるのだが必要性のあるシステムならばスムーズに立ち上がるだろう。開発リソースの限りを尽くして取り組んできたメーカーも音を上げて最終コーナーで乗り換え案内を立ち尽くして見ている風景にも出会う。IMT2000と称して次世代通信としてもて囃されてきたシステムの実像は、どこか国際標準とはいいつつも欧州のシステムであることに疑いはない。

国際化システムというよりもGSMをCDMA化したシステムであり、特許問題を逃げようとしてきた歴史により作られてきた袋小路のような印象である。開発の主体は、欧州であり先頭集団で走ってきた国内通信キャリアの一連隊が途中で放送時間内に納めようとしてコースアウトしてしまったことからも長距離コースをじっくりとやってくるノルディック競技のお国柄の人たちのペースとは相容れないようだ。交換機の歴史などからも経験豊かな北欧のメーカーへの期待は上がる一途の様子である。

世の中のアンバランスな状況を日本からの視点のみに立っていると危ういのが最近の実情である。先に述べた矛盾点の大きな問題点はパケットサービスへの異様な執着であり、基本機能であるはずの基地局間ハンドオーバーの軽視である。国内の通信キャリアでの取り組みと北欧メーカーが地盤とする欧州キャリアでの実情の差異がそこには如実に現れているようだ。国内でのPDCと同様に欧州でのGSMと第三世代の間には大きな方式上の開きがあり第三世代にすべて移行するという図式は欧州にはないのである。

続きを読む

業界独り言 VOL166 三年坊主の戯言

三年前の今頃は、こそこそとした後ろめたい暮らしをしていた。会社で仕事をしながら次の勤め先に転職面接の為の旅行訪問をしていたのだから致し方ない。そんな思いも感性のなせる技か最近では、仕事さえしていれば会社に対しての忠誠心というような尺度とは相反しないのではないだろうか思うようになってきた。三年間の暮らしで自分自身としての技術者としての考え方とは別に社会人としての考え方として成熟してきたというべきなのかもしれない。ドライという言い方で当てはまるのかどうかは判らない。

初めての転職面接が言葉の問題もある国でのこともあり文化や考え方などが大きく異なった会社への物だったからだ。組み込み業界に長く暮らしてきた技術者として以前の会社で多彩な製品開発に従事してこれた経験は有り難く思っている。会社で与えられたチャンスを活かして頗る楽しい仕事をしてきたとも言えるし、他の携わった人からみれば、そんな私に振り回されてしまった大変な仕事だったと言うかもしれない。以前の会社での技術者としての幸福は、一つの大きな会社の中にうまく自分をマッチさせて仕事を続けてきたということだった。

違う会社を経験したことが無いというと語弊があり、配属と同時に出向を命ぜられたからでもある。自分の会社で働くことが出来たのは実は、入社してから三年目の事であった。一年間の研修生活というものはオイルショックの賜物だったし、その後の通信とコンピュータの会社への出向も社内がそうした方向を向いていない時代の反映であったかも知れない。三年が一つの区切りとしては適当な単位なのかも知れない。学生生活から社会人になり、試験雇用的な出向研修という時代を暮らしてから、本来の会社で社会人としてしていきたい事に取り組むという手順を踏んでいた。

続きを読む