VAXシミュレータ開発騒動記

組み込み開発の黎明から

かつての初芝通信では、端末機器あるいはシステム機器の組み込みソフトウェア開発をマイコン登場以前から進めてきていた。あまり知られては居ないことであるのだが、初芝グループの中でも先進の開発気風をもつ歴史をもっていた。ある意味でベンチャーとしての挑戦の系譜が電電ファミリーに立ち向かうという大きな命題の中で移動体電話をターゲットにして独自の開発を続けてきたことの発露でもあるのだろう。70年代に達成した自動車電話の開発は、初めての電電公社への参入という形になった。当時は、まだ8008が登場するかしないかといった時代である。実際問題として、試作機で搭載していたのは4000シリーズのSSIで構成されたマイクロコントローラだった。性根を据えての開発に向けて先行開発してきた16ビットマイコンや4ビットマイコンを投入して商用モデルの開発を実現したのである。やがて自動車電話の二強としてあらたな携帯電話に続く流れを生み出していったのでもある。

開発マシンとして選択したのは当初は国産のミニコンであった。これには初芝電器が自身としてはコンピュータ事業からの撤退を表明して、それまで独自に開発してきたミニコンピュータチームを国内コンピュータメーカーとの合弁会社を興し転籍させるという取り組みなどが背景にあった。当時、初芝で開発提供されていたミニコンピュータは独自アーキテクチャーで低価格を買われて各社がOEMとして導入しているという状況もあった。私自身そうしたことを西芝での学生工場実習などの経験で知りえていた。4kWのミニコンが、初芝通信ではいまでいうPC代わりのように活用されていてターゲットとの接続やPROMの書き込みなどのツールとして利用していた。また、クロスアセンブラの開発自体は、合弁会社のミニコンをプラットホームとして独自に実現されていった。

やがて8ビットマイコンが登場して、小規模な開発マシンやらICEといったものが提供されるようになり黎明期のように、利用者が開発ツールを開発整備するということはメジャーではなくなってきた。開発ツールを提供するのは主に、マイコンチップセットベンダーか計測器メーカーという図式あるいは、システムハウスとして自社開発用に整備してきたものを投入するといった形だった。初芝通信内でも、システムでもZ80や8085を使い始めたり端末にも6802などを使い始めるようになり様々な開発ツールが導入されていきソフトウェア開発がアセンブラベースであったこともあり共有といった概念が生まれにくいことも事実だった。大規模なシステム開発経験として自動車電話交換機システムの開発受注ならびに納入達成といったベンチャーとしての輝かしい時代を経て、アセンブラーベースとしての物づくりを個々の最適化システムにより達成することが出来ていった。

商用のコンピュータシステムをアセンブラベースで開発した分散マイコンのシステムでリプレースを実現したりと、ベンチャーの勢いをみせつつも世の中からの要請に応えていく開発サイクルの短縮要請などから高級言語での開発により資産共有などを目指すようになってきた。

続きを読む

業界独り言 VOL174 スピードと低価格と

先日国営放送で、関西の電機メーカーでの家電立国での難しさについて特集をしていた。そういえば我が家には、このメーカーのDVD録画機が二台現存しているし、DVDプレーヤーも同じメーカーである。VHSビデオデッキ時代の延長上で機種選択をしたというよりも登場するスピードと機能がマッチしていたと感じたからに他ならないのである。まさに番組でのテーマと同じである。番組で取り上げられていた冷蔵庫の話題とビデオの話題とが対極的に興味深かった。枯れた商品と見られる冷蔵庫といった分野では日本メーカーの立ち入る隙が無いという感じなのである。そして、物になる分野といえばタイムリーな商機に一気呵成に投入するというビジネスのデジタルな機器なのである。圧倒的な完成度と機能でシェアトップを奪取するというビジネスモデルである。

低価格を支えるのはシステムLSIということになる。大規模なシステムLSIの完成度を上げるのは容易なことではない。機能仕様自身が正確に網羅できているのかというのが、第一段階ではないかと思う。機能が多すぎて、集約がつかないと感じるありさまなのである。といってホームバスで接続されるさまざまな機器が系統だって設計されて単一コンソールで動作するような気もしないのである。おもちゃのような画面と感じていたDVDレコーダのタイトル入力画面も少しずつ賢くなっていて、最近では漢字入力も可能になっている。こうした機能が流用可能なクラス設計となっていて、このメーカーで共有できるようになっているというのが最近の目指す姿らしい。ひとつの操作性ガイドラインをあらかじめ定義していくという方法は、最近のTRONでの再評価につながろうとしている。

TRONがT-Engineなどとして新たに昔の話を焼きなおしてユビキタス時代にとプロジェクトを宣言した。疲弊した業界ではあるのだが、まだ国内メーカーには余力があるのだろうか。時代経過からLinux文化による組み込み開発も普及の度合いを深めていて、家電メーカーではTRONからLinuxに鞍替えしたところも出ている。T-Engineプロジェクトから締め出されたからという話も聞こえてくるのだが真相はわからない。まさか坂村先生が過去の歴史から恨みを持ち出すということは無いと信じている。宣伝だけで開発費用を捻出しようというマイクロソフトの戦略に組する人は相変わらずいるようだし、混沌として組み込み業界の状況は、次に出てくる良い商品がリードしていくことになるのかも知れない。よいRTOSやブラウザあるいはメーラーのメーカーであったとしても、いまやリストラの嵐で判らないというのが現実である。みな、自立した次の路を模索しているようだ。良い商品を適時に開発完了して提供していくという姿が望ましいのである。国内端末組み込みから中国へと方向転換している。

続きを読む

業界独り言 VOL173 恥を無くせば国際派

開発投資という名前のギャンブルが横行している。着実な開発投資というものであれば、開発成果が積もっていくので紙切れになってしまうことはない。技術者達の血となり肉となって次の開発の精度が高まっていくということになる。不景気な中で、夏休みということであればゆったりと出来るはずの論理的な考えが通用しないのが最近のこの業界らしい。夏休みに休めている会社の開発プロセスは正常なのだと思うが、反面夏休みすら返上して勤務を余儀なくされている方達がさらに時間オーバーして夕方の食事を求めて工場周辺の夏休みに入っていない食堂を求めて流離っているのも、常軌を逸しているようだ。

携帯電話ということに、限ればメーカーは通信キャリアからの注文に従って開発製造することになる。通信キャリアの技術的な相違や現在のユーザーの状況、そしてこれからの展開など不透明な部分が多いのが実情なのだ。期待を込めて出した端末が結果としてエンドユーザーの評価が無ければ、追加の注文が滞ってしまい大変な事態になる。そうした事を回避する意味でも通信キャリアから出される仕様などはメーカー間の競争を促進すべくゆるやかな物になっているそうだ。しかし実際の流行先端を追いかけないと難しいのだが、最近は自分達の開発都合や技術的な面でのユーザー不在の開発に陥っている兆しがあった。

要素技術開発、次世代通信規格の追求、現行稼ぎ頭モデルの開発、FOMAモデルのコストダウン、欧州向けUMTS/GSM対応機種の開発、1x対応モデルの開発、1xEV/DOモデルの開発、無線LAN兼用データカードの開発、カメラつきケータイの開発・・・いくつあるのかはメーカー次第なのだが、もう一社でカバー出来る時代ではなくなっているのだろうか。全社を挙げて携帯開発に傾注している会社もある。協力会社の絞込みと自社技術者の増員とで理想的な開発シンクタンクを構築していくという壮大な計画に映る。中核をなすのは開発プロセスであり、教育プロセスでもあるだろう。新たな会社の文化を創造していくという点において新入社員からの育成は風土醸成には向いているかも知れない。

続きを読む

業界独り言 VOL172 不景気で忙しい

自社チップで独立独歩でビジネス無線のプラットホーム開発をしている知人がいる。社長にまで直談判して取り付けた開発テーマであるのだが、昨今の不景気で忙しいという状況のなかで舵取りに腐心しているようすだ。「まだ開発費用が捻出できるのでましなほうです、着実なビジネスとして大きくは無いが市場があり採算が取れる市場と踏んでいます」と焦りは隠せないものの周囲の状況の変化にアンテナを張りつつの開発に没頭しているようである。

メーカーの中には、美味しいところの開発のみを終了させて残りの部分を共同開発という名前の押し付けをして、政治的な戦略でうまく立ち回っているところもあるようだ。市場への責任という使命感の強い会社では、そうした術中に嵌り、押し付けられた苦労を余儀なくされているところもあるようだ。独立採算という制度の範疇で、半年あるいは一年単位という期間で製品を出していく必要があるビジネスモデルでは致し方ないのだろう。

夏休みも佳境のはずだが、実際にこの夏休み期間にメールやネットアクセスが会社からのアドレスで出てくる方が多いように映る。聞けば、工場としては休みということでも実情としては大半の人間が出社しているという忙殺状態らしい。というのに厨房担当の業者などは休むようだし、周辺の食堂も休むので困っているとも聞く。不景気なのに忙しいというのは不思議なことだ。開発工程に大半の問題が集約されてしまう一面があるのかも知れない。

続きを読む

業界独り言 VOL171 シンプルへの揺り戻し

開発プラットホームの共通化話が、各社で持ち上がっている。盛り上がっている会社もあれば、言い出しっぺで撤退しそうな会社もある。といっても試作くらいは当然終わっている。実際の商品にするかどうかは別問題である。プラットホームの製作準備を計画的に進めてきたある会社は、国内キャリアの急先鋒として長年温めてきた端末コンセプトを花開かせる時代に突入した。そして一人勝ちであった。パケットとゲートウェイベースのプラットホーム構築をひたすら進めてきた成果がそこにはあった。そうした事を経験値としてアプリケーションプロセッサに向かったのは事実だろう。

二匹目の泥鰌を狙ったかどうかは不明だが、出来上がったチップセットを利用してもの作りを進めるメーカーも出てきた。実際にPDCでは、そうした実績が出ていた。それまでの業界からは考えられない状況である。自らがプラットホームを開発追求していく姿は、流行らなくなっているようだ。プラットホームを開発するよりも出来上がっているプラットホームの上に合わせ込んでいく方が手っ取り早いということだろう。開発期間を如何に短くして、良質なソフトウェアを載せこんでいくのかということに腐心したいからだ。無論、端末プラットホームをチップやソフトから起こしてミドルウェアの先進開発してきたメーカーには漁夫の利がある。

通信処理のモデムチップとアプリケーションの分離が叫ばれている。開発効率を低下させているのは端末プラットホームやOSであるというのだ。分離してモデムチップセットを1チップ化してもらいたいというのが本音かもしれないが、実際問題として第二世代のPDCとCDMAの無線通信制御の比較をしてけば、並存して互いに違った次元でありながらも競争している実情からはまだ先の話としてリソースを割く時代ではないようだ。第二世代のPDCを32ビット化して達成できた性能とプラットホームのある程度の実績は通信が複雑化したCDMA対応という流れからデュアル構成という流れに傾いたのであろう。

続きを読む

業界独り言 VOL170 昨日・明日・未来

あたふたと西へ東へと移動しているのだが、明日の予測のつかない生活だ。割り込み駆動だと誰かが云う、そうかも知れない。イベント駆動のウィンドウズの時代だから致し方ないかも知れない。地道にコマンドラインでmakeをかっちり積み上げて出来る仕事はなくなってしまったとは思えないのだが。ちまちまとコーディングシートと紫煙の中で頭を掻いていた時代はどこへやら。ペットボトルで皆がお茶を飲みつつメールとチャットで開発という風景だ。

明日や来週のことを想定して計画的に動こうと思ってみても、出来上がってくるリリースやらお客様で発生する色々な事象を捉えて解決する策にはならなかったりする。結局イベント駆動型のRADな対応が、やはり流行なのだろうか。下手な予測は外れて、結果は良い方向に向かったりするのだからまだ良いのだが。悪いほうへ悪いほうへと予測する癖が、最近は悉く外れてしまったりする。やはり技術力とヒューマンネットの会社だからなのだろうか。

用心のために、解決を見ない場合の予防として、米国持込という展開を想定して周りを押えてみたりしたものの。予想外の完成度で順調に稼動してしまったりするのにはいささか拍子抜けしたりしつつも改めて開発チームの強固さを逞しく感じる。実際のところマイペースで開発が許される、あるいは世の中の他の開発ペースの実情から見た上でペースを掴んでいると考えられているメーカーはフィンランドの会社とQuad社くらいの様子だ。

続きを読む